吉田拓郎

ARTIST PICK UP

吉田拓郎

インペリアル・レコード移籍第1弾シングル「トワイライト」を発表する吉田拓郎。
長い音楽生活に裏打ちされた風格と自信、そして揺るぎない個性にあふれた音楽に身を委ね、
その根底にある熱を感じとって欲しい。

(初出『Groovin'』2000年6月25日号)

吉田拓郎-A.jpg 「吉田拓郎」その名前を聞いて、あなたはまずどんなイメージをするだろうか。ある人は「フォークの神様」かもしれないし、またある人は「KinKi Kidsと一緒にテレビに出ている人」かもしれない。そして前者と後者の認識の違いは、そのまま世代の違いだと言っていいだろう。それほど彼の音楽生活が長いという証拠でもあるのだが、テレビ出演によってそのキャラクターがお茶の間レベルまで浸透し、「吉田拓郎」というパーソナリティーに魅力を感じた人が非常に多かったのも一因ではないだろうか?
 かくいう私も、実は間違いなく後者の世代である。空前のフォーク・ブームは活字や写真でしか知らないし、かろうじてブームを代表する楽曲を耳にしている程度。たまにコンサートの動員記録やレコード売上げ枚数、若者の熱狂を伝えるエピソードを聞くと、淡々と消費されていく音楽に囲まれている私は、当時の音楽を取り巻く熱を帯びた空気に触れてみたかったなあ、と少し悔しく思ったりもする。そんな世代の人間である私が、レコード会社移籍第1弾となるこのシングル「トワイライト」に大きく動かされ、私の中の「吉田拓郎像」さえもすっかり変えられてしまったのだ。
 何よりも楽曲における圧倒的な"うた"の存在感。「拓郎節」とも言われる独特のメロディに、はっきりと意思を感じさせる叙情的な歌詞。最近多く見られる、楽器と同じように曲の1構成部分でしかない、おぼつかない存在の"歌"では決してない。1音1音が強烈に心に響き、つむぎ出される言葉が胸を突く。きっとギター1本で演奏されたとしても、拓郎の"うた"があれば充分なはず。それこそがかつて若者を熱狂させたフォークの真髄であるとも言えるし、彼の音楽の最大の魅力だと思う。また、こうした音楽スタイルの基盤を日本のシーンに作り上げ、けん引してきた者の有無をいわせぬ自信と余裕が感じられ、リスナーは迷わず拓郎の"うた"の世界に飛び込んで行けるのだ。本作「トワイライト」の世界に足を踏み入れた私は、力強い拓郎の歌声に導かれながら、思いのつぶてとなった言葉を拾っていく。"〜ごめんね 軽率につまづいて 星の降る夜なのに〜"強くて暖かい言葉とメロディに包まれて、私の中に新たな"吉田拓郎"が 浮かんできた。そして楽曲の存在がどんどん大きくなっていく。心が浸食されていくように。
 そんな風に一瞬にして聴く者を引き込む彼の音楽は、若手ミュージシャンにも大きな影響を与えている。"自分の詩とメロディで何かを伝えたい!"という姿勢は、現在「新世代フォーク」ともいえる形で姿を現し、新しいムーブメントを形成している。事実フェイバリット・アーティストに彼の名を挙げるミュージシャンも多い。偉大なる音楽や信念は必ず連鎖してくものであるから、極めて当然のことだろう。
 70年にデビューしてからずいぶんと長い月日が流れたが、シーンの開拓者だった30年前も、続々とフォロワーが現れる現在も、吉田拓郎の音楽の芯にある熱は全く変わってはいないはずだ。ただ、それをがむしゃらに外に向かい放出する時期を越え、今は暖かさとして私達に伝えているかのようだ。願わくは、この作品を拓郎の音楽と共に人生を過ごしてきた人からKinKi Kidsのファンまで、幅広い世代に聴いてもらいたい。本作に溢れる"吉田拓郎の思い"に触れたなら、世代や年月に惑わされずに本当の彼に出会うことができるだろう。そして、その出会いはきっと素晴らしいものになると保証する。

Text by 鮎川夕子(編集部)

『トワイライト』
吉田拓郎-J.jpg




CDS
インペリアル レコード
TEDI-1
¥1,000(税抜)
発売中

インペリアル・レコード移籍第1弾となるニュー・シングル。拓郎節に身をまかせ、詞の世界をじっくりと味わってみて欲しい。拓郎と共に青春を過ごした人にも新世代フォークといわれるアーティストのファンにもおすすめ出来る1枚。

【吉田拓郎 オフィシャルウェブサイト】http://www.forlife.co.jp/artist/?aid=FL00071

inserted by FC2 system