BREATH

ARTIST PICK UP

BREATH

極上ポップなメロディで音楽シーンに新風を吹き込むか?!
Panasonicデジタルカメラ「LUMIX」マキシ・シングル
『瞳にくぎづけ』で、BREATH鮮烈デビュー!

(初出『Groovin'』2001年11月25日号)

 私は好きなメロディに出会うと、無意識のうちに反芻してしまうクセがある。以前はタイトルさえもわからないまま、メロディの一部だけが鮮明に頭に残っているという曲が結構あって、今思うとずいぶんとずぼらな聴き方をしていたものだが、音楽との関わりが密接になったある時期から、気になったメロディを書いた人物は必ずチェックすることにしている。
 浜崎あゆみをはじめ、Every Little Thing、dreamら、数多くのアーティストに楽曲を提供していた菊池一仁が、ヴォーカリスト金築卓也と出会って結成したユニットがこのBREATHだ。私は前述の経緯もあって、コンポーザーとしての彼の活動はずいぶん前から知っていたし、何よりそのメロディ・ラインのファンだったので、こうした形でアーティスト活動を開始してくれたことを今とても嬉しく思っている。
 さて、彼らのデビュー・マキシ・シングルとなるのが今作『瞳にくぎづけ』。恋愛初期の熱い想いと、なぜだか同時に発生してしまう切なさが軽快に表現されたポップ・チューンだ。もちろん私が期待していたキャッチーなメロディも炸裂。また、菊池が神戸の路上で弾き語りをしていた金築を見つけたのが2人の出会いのきっかけだというが、その直感に間違いはなかったと断言できるほど、彼の歌声はBREATHのメロディと相性がよい。例えばややハスキーで適度に乾いた声質は、今作の清涼感のあるポップさにほどよい苦みを加えているし、素直な歌唱法は抜群のメロディ・ラインを忠実に再現し、実に上手く引き立てている。金築が手がけた詞もぴったりと曲の世界にハマッている。既にライヴ活動をしているからとはいえ、デビュー作でこのコンビネーション。お世辞抜きでこれからの2人にどんな変化が起こるのか楽しみだ。
 BREATHのメロディは、まるで呼吸するように自然に胸に吸い込まれて、全身に行き渡っていく。頭で考える種類のものではなく、細胞が満たされていく感じ。だから何度反芻しても、その度に新鮮な気持ちで旋律を愛でることが出来るのだ。この感覚、ぜひ一度味わってみてほしい。

Text by 鮎川夕子(編集部)

『瞳にくぎづけ』
BREATH-J.jpg




Maxi Single
avex trax
AVCD-30284
¥1,000(税抜)
発売中

浜崎あゆみを始めとする数多くのアーティストに楽曲を提供していた菊池一仁と、作詞を手がけるヴォーカルの金築卓也のユニット。キャッチーなメロディとポップなサウンドでシーンの台風の目となるか?! Panasonicデジタルカメラ「LUMIX」 CMイメージ・ソング、TBS系「CDTV」10月度エンディング・テーマ。


inserted by FC2 system