80's音楽大作戦〜洋楽編

80's音楽大作戦〜洋楽編SRlogo.jpg

 ベスト・ヒットUSA、全米トップ40、全英トップ20、MTV、ボッパーズ…洋楽を聴くことが出来るチャンネルが多く存在した時代、それが80年代。この時代に洋楽に目覚めた人は数知れず、あなたの部屋の片隅にも、そんな青春の思い出ともいえる代物が1〜2枚は眠っているはず。でも、決して恥ずかしがることではございません。80's音楽は、今も共通の音楽であり、今後も聴く"楽しみ"を私たちに与えてくれることでしょう。

(初出『Groovin'』2001年11月25日)
Text by 松本昭仁

マイケル・ジャクソン
『スリラー』
マイケル・ジャクソン-スリラーJ.jpg

CD
Epic Records Int'l
EICP-22
発売中
¥2,400

マイケル・ジャクソンが最高に輝いていた時代の1枚。全世界でバカ売れしたギネス・アルバム。本作からは、何曲ものシングル・ヒットが生まれた。中でもタイトル曲「スリラー」には、彼の魅力が凝縮されている。クリップは必見!

ジャーニー
『エスケイプ』
ジャーニー-J .jpg

CD
Sony Records Int'l
SRCS-9811
発売中
¥1,700

"商業ロック"とカテゴライズされ、ロック・ファンからはやや敬遠されがちなアルバムだったが、実は名作。スティーヴ・ペリーのハイトーン・ヴォイスが全面にフィーチャーされ、POPな楽曲が並べられている。「オープン・アームズ」はマライア・キャリーもカヴァー。

デュラン・デュラン
『リオ』
デュラン・デュラン-J.jpg

CD
東芝EMI
TOCP-65764
発売中
¥2,427

ジャパン譲りの美貌で世の女性達を虜にしたバンドの出世作。第2次ブリティッシュ・インヴェイションの先導役を果し、ビルボードにもヒット曲を数多く送りこんだ。リマスタリング&プロモ・ビデオを収録したエンハンスド仕様。

ダリル・ホール&ジョン・オーツ
『ザ・ベリー・ベスト・オブ』
ダリル・ホール&〜-J.jpg

CD
BMGファンハウス
BVCP-21239
発売中
¥2,427

「プライベート・アイズ」がCMソングとして使用される中、発売された究極のベスト。6曲の全米NO.1ヒットを持つ、彼らの"ポップ・デュオ"としての魅力が満載。名曲「ウエイト・フォー・ミー」はオリジナル・スタジオ・ヴァージョンで収録。

ガンズ&ローゼズ
『アペタイト・フォー・ディストラクション』
ガンズ&ローザズ-J.jpg

CD
ユニバーサル インターナショナル
MVCG-19304
発売中
¥1,930

発売当時、発禁ジャケットで話題を呼んだガンズのデビュー・アルバム。ハード・ロックにパンクのエッセンスを取り入れたバッド・ボーイズ・ロック!バンド自体が一触即発の状態で、そんなギリギリの状況でのプレイがまた一層魅力的だったりもする。

エンヤ
『ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ』
エンヤ-J BEST.jpg

CD
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCR-1900
発売中
¥2,330

80年代から今もなお精力的な活動が続くエンヤ。彼女の曲はさながらアイルランドから届いた音のレター。一音一音丁寧に紡ぐ作業(=オーヴァー・ダビング)が、非常に繊細なサウンドを創り出している。世界各国で大ヒットした「オリノコ・フロウ」をはじめ、色々な色彩の楽曲が楽しめるベスト盤。

プリンス
『ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス』
プリンス-J.jpg

CD
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCR-10977
発売中
¥2,400

デビュー当時、"黒いミック・ジャガー"とか"ジミ・ヘンの再来"などと言われていた彼が、まだ"プリンス"であった頃のベスト・アルバム。「パープル・レイン」「バット・マン」などのヒット曲が目白押し。今、聴いてもLet's Go Crazyな気分。

a〜ha
『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ』
a-ha-H huning high and low.jpg

CD
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCR-1085
発売中
¥1,748

確実にミュージック・シーンに足跡を残したエレ・ポップ・バンド。最近はコント番組でもパロディとして使われている「テイク・オン・ミー」のプロモーション・ビデオは、MTV全盛期、特によく流れていました。いまだ現役続行中!

inserted by FC2 system