Steady&Co.

ARTIST PICK UP

Steady&Co.

J-HIP HOPシーンのみならず、J-POPシーンにも一石を投じた彼が放つ、
2001年最重要作品の登場。
次世代のJ-POPシーンにとって大きな意味を持つアルバムになること間違いなし!

(初出『Groovin'』2001年11月25日号)

Steady&Co-A.jpg

 これまでに『STAY GOLD』『春夏秋冬』という2枚のマキシを発表し、J-HIP HOPシーンのみならず、J-POPシーン全体にまで影響を及ぼしてきたSteady&Co.が、待望の1stアルバムをいよいよリリースする。
 そもそもSteady&Co.結成のきっかけは、BOTSが正式にDragon Ashに加入する前に降谷に言った「将来、Dragon Ash以外でいろいろやれたらいいね」という一言だったという。まずはこの2人でプロデュース業を行っていたのだが、「Steady&Co.というのは、文字通り"会社組織"っていうか、"Steady&Co."括りで何でも出来るし、ここをベース・キャンプにみんなで何か出来ればいい」という降谷のアイデアもあり、メンバーを加えての活動もアリなんじゃないか?という発想が生まれてきたそうだ。そこで、Dragon Ash主催のイヴェント、あの"Total Music Communication"で親交を深めた、スケボーキングのSHIGEO、リップスライムのILMARIに声をかけ、4人組のユニットとして本格的に活動を始める。2枚のマキシ・シングルを発表後、遂に1stアルバム『CHAMBERS』をリリースする運びとなった。
 この1stアルバムは、4人がユニットとして試行錯誤を繰り返し、彼らが出した最高と思われる答えが詰まったような、実験的かつ痛快な仕上がりだ。『STAY GOLD』では、アコギをフィーチャーしメロウな一面を、『春夏秋冬』では一転してアッパーなHIP HOPチューンを披露と、2枚のマキシでは彼らの世界観の一部分しか感じることが出来なかったが、こうしてアルバム全体を通してみると、Steady&Co.の全体像が鮮明に現れてくる。
 まず最初に驚いたのは、ジャジーなものあり、ブルージーなものあり、パーティー・チューンありと、ヴァラエティに富んだ内容となっていること。さらに3MCという最大の武器を用い、1曲の中でも3パターンの雰囲気を味わえるように、構成も深く練られているし、すべての楽曲は、メロディを重視しつつも、効果的な韻を踏むスタイルで、既存のHIP HOPの手法の発展型として確立されている。
 少し前までは目新しいジャンルとして注目されていたJ-HIP HOPシーンも、今では細分化され、様々なアーティストが様々な個性でもって作品を発表し、僕たち音楽ファンにとっては喜ばしい限りだが、今作はそんな作品群の中でもひときわ異彩を放ち、今後のJ-POPアーティストにとっても、サブ・カルチャー全般の未来を占う意味でも重要な作品となることは間違いないだろう。

Text by 大林 誠(大仁店)

『CHAMBERS』
Steady& Co-J.jpg




CD
ワーナーミュージック・ジャパン
WPC6-10184
¥2,913(税抜)
11月28日発売

J-HIP HOP界の"ドリーム・チーム"Steady&Co.の1stアルバム。個性際立つライムが絶妙に絡み合い、1つの世界観を形成していく。メロウ・ジャジーな曲から、アッパーなパーティー・チューンまで、期待通りの作品が並ぶ。HIP HOPの手法の発展型がここにある。初回盤のみエンボス仕様ジャケット。先着でペーパーBagをプレゼント。

【Steady&Co. 公式サイト】http://www.steadyandco.com/

inserted by FC2 system