#107 GIRL NEXT DOOR of SPECIAL INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW

GIRL NEXT DOOR

9月3日、話題の新人ユニットGIRL NEXT DOORが遂にデビュー!1stシングル「偶然の確率」はカラオケにもピッタリなPopでキャッチーなサウンドにのせた、偶然の出会いから生まれる素敵な恋愛を期待させる、この夏イチオシの恋愛応援ソング!

(初出『Groovin'』2008年8月25日号)

GIRL NEXT DOOR-A.jpg

ーー:デビュー・シングル「偶然の確率」は、4つ打ちのダンス・サウンドが印象的な曲ですね?
鈴木:エイベックスは今年で創立20周年ですけど、その歴史の中で、日本で最初にダンス・ミュージックをJ-ポップとして広めたメーカーだと思うんです。今の時代にエイベックス王道の4つ打ちダンス・サウンドのポップスがあってもいいと思いまして。
ーー:"Produced by avex trax(エイベックスでもっとも古いレーベル名)"としたのも、王道サウンドをもう一度!という想いがあったからなんですか?
鈴木:そうですね。そこをもう1回突き詰めていきたいと思ったからです。
ーー:「偶然の確率」は千紗さんが作詞していますけど、ここで伝えたかったことは?
千紗:無駄なことなんてなにひとつないし、未来はなにが起こるかわからないよ、ということを伝えたくて。私自身も、今までいろんなアーティストさんのバック・ダンサーをやらせてもらったり、ミュージカルなどもやってきたけど、それはすべて無駄じゃなかったし、今、ここにいられる事が本当に幸せだなって思うんです。わたしの詞は、ほとんど自分の実体験を基にしているものなんです。
鈴木:今はCDだけじゃなく、配信や着うたとか、音楽が多様化していますよね。今回のシングルはCD盤とCD+DVD盤の2種類あるんですけど、DVD盤の「偶然の確率」のイントロはCD盤よりも1分30秒長い、DVDでしか聴けない特別ヴァージョン。そういうふうに、こらからもリスナーの人たちに向けてサプライズを用意していきたいと思ってるんです。
ーー:それってスペシャル感がありますよね。MV(ミュージック・ビデオ)も、こだわりまくりの映像ですね(笑)。
千紗:ビヨンセやブリトニー・スピアーズのMVを撮ってる撮影監督さんで。日本人を撮ったのは私たちが初めてだそうです。ロサンゼルスとラスベガスで撮影したんですけど、最初に出てくるシアターは80年くらい前に作られたL.A.シアターという歴史的建造物らしくて。
井上:ドライレイクを走ってるランド・スピードカーも合成じゃなくて、実際に時速600キロで走る本物なんですよ!
ーー:カップリングの「Breath」と「red ribbon〜運命の人〜」はまた違うカラーの曲で。ユニットの音楽の幅を感じさせますね?
千紗:「Breath」は大切な人を失った時の気持ちを綴った切ないバラード。「red ribbon〜運命の人〜」は初恋を歌ったポップな曲です。
ーー:やっぱりこれも実体験ですか? 
千紗:自分のことも含まれてます。誰にでも一度はある初恋や恋愛を書いてみました。
ーー:最後に読者へメッセージをお願いします。
鈴木:最近は、なんか口ずさめない曲が多いと思うんですね。だから「GIRL NEXT DOOR」は、誰もが口ずさめるようなJ-ポップをこれからも発表していきたいなと思っています。

インタヴュー&構成:伊藤博伸

『偶然の確率』
GIRL NEXT DOOR-J CD+DVD.jpg GIRL NEXT DOOR-J CD.jpg



avex trax
9月3日発売
Maxi Single
[CD+DVD]AVCD-31478/B ¥1,890(税込)
[CD]AVCD-31479 ¥1,050(税込)

千紗、鈴木大輔、井上裕治による話題の3人組ユニット、GIRL NEXT DOORのデビュー・シングル!タイトル・トラック「偶然の確率」の他、音楽性の幅を感じさせる他2曲を収録。[CD+DVD]には「偶然の確率」MUSIC VIDEO-SPECIAL VERSIONを収録、両仕様共に初回特典はスペシャルフォトブック付き特製スリーブ仕様。

※写真は左が[CD+DVD]、右が[CD]のジャケットです。

【GIRL NEXT DOOR Official Site】http://girlnextdoor.jp/

inserted by FC2 system