#8 岡本真夜 of SPECIAL INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW

岡本真夜

常に等身大のスタンスで女性の気持ちを表現し、多くの支持と共感を集めている岡本真夜さん。
デビュー5周年という区切りの年にリリースされる初のベスト・アルバム『RISE I』についてお話をうかがいました。

(初出『Groovin'』2000年5月25日号)

PART 1

岡本真夜-Aメイン.jpgーー:初のベスト・アルバムが発売されるということですが?
岡本真夜:ベストにはファンの皆さんへの感謝の気持ちというのがまずありますね。実は初期の頃の曲は恥ずかしくて聴けないというか、声も表現力も違うし聴くのが怖かったりするんですけど…。でも、今回5周年というタイミングでシングルの数もアルバムを作れる曲数になったので、一つの区切りとしてもいいんじゃないかなということで。
ーー:タイトル『RISE I』に込められた意味は?
岡本:このアルバムを聴くことで何らかの元気を与えることが出来たらいいと思って、「日が昇る」という意味のタイトルにしました。みんながわかりやすいシンプルな言葉という点で選んでみました。
ーー:「I」といえば「II」も期待されますが。
岡本:あと5年後ぐらいですか(笑)。
ーー:では、今回収録されている曲の制作時の裏話や思い出があれば、それぞれ聞かせてもらえますか?まずはデビュー曲の「TOMORROW」ですが。
岡本:ドラマの主題歌という実感はなかったんですけど、実際にテレビから流れた時には涙が止まらなかったのを覚えてます。当時全くテレビに顔を出していなかったので、紅白に出るまでは(ヒットしているという)実感がなくて、周りが「すごいね」と騒いでいても、私も「すごいね」としか言えない(笑)。あと、たくさんの人に聴いて頂けたのは嬉しいことなんですが、バラードとか他のタイプの曲をいつ受け入れてもらえるか?という不安があって。この曲の存在感の大きさがネックになってしまった部分を2〜3年はひきずってましたね。
ーー:「FOREVER」は?
岡本:「TOMORROW」よりはミディアムな感じの曲なんですが、まだまだデビューしたっていう実感が無い頃ですね。音楽番組にはちょこちょこ出始めていたんですが。
ーー:サード・シングルにして初のバラード「Alone」ですが。
岡本:この5年間の中で一番大きな存在です。それまで雑誌の見出しなんかも"「TOMORROW」の岡本真夜"というのが1〜2年続いていて、それが自分でも悩んでいたところで。でも、ここでバラードをシングルで出したことで、皆さんの私に対するイメージが変わったみたいで。ファン層もガラッと女性ファンに変わったりとか、そのへんも嬉しかったですね。今後自分が音楽活動をやっていくうえで、すごく自分自身を楽にさせてくれた、一番の転機になった大事な曲ですね。
ーー:「そのままの君でいて」は?
岡本:テレビで初めて振り付けして歌ったんですよ。そんなにたいした振りではないんですが(笑)。それまでは緊張もあったんですが突っ立ったまま歌ってたので、みんなすごく驚いてくれて。しかも"踊った"って言われなくて"岡本真夜が動いた"って言われて(笑)。周りの反応が面白かったですね。
ーー:次は5枚目のシングル「泣けちゃうほど せつないけど」ですが。
岡本:これはアニメの「キューティーハニー」のエンディングになっていて、アニメのエンディングっていうのは初めてだったので、オンエアを見て喜んでいた記憶があります。
ーー:次は「サヨナラ」ですが。
岡本:マイナー系のアップ・テンポの曲というのと、歌詞も実体験を元に書いた曲だったのでそのへんの思い入れもすごく強いですね。「Alone」の時もそうだったんですけど、こういう切ない系のシングルってことで、女性ファンの反響が大きかったというか。
ーー:歌詞に共感する部分も多かったんでしょうね。
岡本:そうですね。「サヨナラ」に関しては仕事を頑張っている人からのお手紙が多かったですね。夢を叶えるために別れちゃったっていうのはよく聞きましたね。
ーー:「大丈夫だよ」は?
岡本:初めてジーンズにトレーナーというラフなファッションでジャケットを撮影したのが印象深いですね。それまでわりとドレッシーな感じが多かったので。
ーー:次は「想い出にできなくて」なんですが、「サヨナラ」ときて「大丈夫だよ」、でも「想い出にできなくて」というつながりがあるんじゃないかと思ってしまうんですが。
岡本:そうですね。そう思われがちなんですが、実はそうではなくて。偶然ですね。自分でも後で気付いたんですよ。「つながってる感じになっちゃったなあ」って。ライヴのMCでも話してたんですが「サヨナラ」で泣いて「大丈夫だよ」で元気になって、でも「想い出にできなくて」また泣いちゃってっていうのが手紙でも多かったんで。「大丈夫だよ」を最後に出した方が良かったかなあ、曲順ちょっと間違えちゃったかなあっていう(笑)。
ーー:(笑)これも切ない曲ですもんね。
岡本:「想い出にできなくて」はメロディー自体は19歳ぐらいの時に書いていたものだったんですが、その時点では難しすぎて歌えなかったんです。それでずっと歌えなくって、自分でも悔しい思いをしてきて。でもやっと歌えたことでヴォーカル面で自分に自信が付いた1曲ですね。
ーー:では「Everlasting」は?
岡本:メロディーが浮かんだ時にすごく気に入って、(曲が出来てから)結構早めにシングルにしちゃったんですね。それまでの曲は前に作ったストックの中から選ぶことが多かったんですけど。
ーー:ドラマの主題歌にもなった「宝物」は10枚目のシングルですね。
岡本:ええ、シングルでこういうグルーヴ感のある曲は10枚目にして初めてだったかなあという感じですね。ドラマの主題歌のお話が来てから仕上がった曲ではあるんですが、詞の世界は大好きで。私は友達に向けて書いた曲なんですけど、人それぞれ"宝物"だと思える人に当てはめて聴いてもらえたら、と思います。
ーー:「この星空の彼方」は、恋人を亡くした女性の気持ちが綴られた歌詞がとても印象に残る曲ですが。
岡本:これは初めてファンレターを元に生まれた曲なんです。詞の内容はすごく切ないんですが、私自身そのお手紙にすごく心を動かされて…。悲しい出来事を曲にしてしまったことで、また泣かせちゃうんじゃないか?という気持ちもあったんですが、どうしても動く手を止められないぐらいその2人の女性の同じ内容のお手紙に動かされて出来たものなので、これからもずっと特別な1曲になると思います。

inserted by FC2 system