#2 松本 隆 of SPECIAL INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW

松本 隆

今年作詞家としての活動30周年を迎える松本隆。エイプリル・フールからはっぴいえんど時代にはバンドのキーとなるドラムス&作詞を担当、また作詞家に転じてからはアイドルからロック/ニュー・ミュージック系アーティストにまで幅広く作品を提供し、日本を代表する作詞家としてJ-POPSシーンを支え続けてきました。また30周年を迎えるにあたって12/1には松本隆WORKSの集大成でもあるボックス・セット『風街図鑑』のリリースや、11/9、10には松本隆トリビュート・ライヴが行われるなど、節目の年に相応しいニュースも目白押しです。そこで今回、特別にインタビューを行いました。なお、すみやのフリー・ペーパー『Groovin'』#2(11/25号)では誌面スペースの関係で全文掲載ができませんでしたので、このホーム・ページでコンプリート版を公開させて頂くことになりました。興味深い発言もありますので、最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

(初出『Groovin'』1999年11月25日号)

PART 1

松本隆-A#2.jpgーー:12月1日に『風街図鑑』という形で、松本さんの作詞家生活30周年の総集編とも言えるボックスがリリースされる訳ですが、このボックスをリリースしようと思われたきっかけはどんな事だったんですか?
松本:実はぼく、あんまり好きじゃないんですよ、何周年とか...。あまりやるつもりはなかったんですけど、今年だけたまたま自分が30周年で、それで1999年っていうのがあって、何か区切りがいいのかなって思って1回やっておこうかな、と思ったんです。
ーー:しかしあのボックスに収録される曲のリスト拝見したんですけど、すごいですよね。あれでもまだほんの一部ですよね。
松本:20分の1かな。
ーー:ということは、今までに作詞された曲数ってどのぐらいなんですか?
松本:多分2,000曲ぐらいだと、思うんですが。
ーー:では30周年ということと、99年という1000年代最後の年ということで一度まとめてみようかな、と...。
松本:一応、世紀末を総括するっていう意味もあって。でも総集編ではなくて、パッと思い浮かんだものをボックスに入れてますので、結構こぼれてますから。(収録曲以外にも)まだまだあります。
ーー:では、あくまでもこれからに向けての一区切りっていう感じですね。
松本:ホントの軽い、一区切り。
ーー:今回のボックスの仕様も、かなり豪華ですよね。まだ現物は見てないんですが(笑)。(編集部註:このインタビューの時点ではまだ『風街図鑑』は制作中で、現物は出来上がっていませんでした。)
松本:まだ出来てないので、誰も見てない(笑)。
ーー:ボックスの中に、資料編のブックレットが付くんですよね。
松本:そう、豪華詞集とブックレットが付くんです。あと7枚組で、1枚1枚違ったパッケージ色だから、7色のパッケージですね、中のCDは。単価が高くて、レコード会社はいやがるという(笑)。
ーー:でもレコード店的には、売れれば単価が大きいので助かると(笑)。買う人は絶対、買いますし。私も予約しました(笑)。でボックスの中身を見ると、大きく風サイドと街サイドに別れていますが、この辺の分け方は?
松本:(松本隆といえば)一般に浸透しているのはヒット曲の作詞家としてなんですけど、そうじゃないぞという自負も含めて分けてみたんですが。ヒット曲だけだと、はっぴいえんどとか収録出来なくなっちゃうし(笑)、ヒットしてないから(笑)。あと最近気付いたんですが、松田聖子のアルバムの中に収録されてる楽曲でも、みんなよく知っていて歌うものが結構あるんですよ。これって実は、ビートルズ以外にあまり聞いたことないなって思って。シングルとアルバムの曲が、ほとんど同価値になっていて、逆に人気投票なんかだとアルバムの曲の方が、上位にくるみたいな状況があって。で、これはちょっと、自分が遠い昔に目指したことが実現したのかもしれない、と思って。そういうアルバム作家としての。本当はヒット・シングル作詞家じゃなくて、ヒット・アルバム作家なんだと、本職はね。そういう思いも込めて街サイドを作ったんです。で、ヒット曲は風サイドで連続して聴けますから。そういう意味では、アルバムの中の曲や(シングルの)B面でもスタンダードになっているものが沢山あるので、それを街サイドで50曲まとめてみたんです。これは結構他の作詞家や作曲家の人には出来ないスキルだから。だからヒット曲の風サイド、フェイバリットの街サイドっていう分け方で50曲ずつ、計100曲と。
ーー:それぞれの曲に多分、思い入れってあると思うんですけど、特にこの曲は、っていうものは選曲や編集の作業の過程で何かありましたか?
松本:全部、楽曲解説に書いたんだけど(笑)。だから喋らない方がいいかも(笑)。
ーー:では、買ってからのお楽しみということで(笑)。
松本:買ってから楽しんだ方がいいかも。でも多少「エッ」っていうものもあるかも知れない。
ーー:編集や選曲の作業で、ご苦労なされた事とか、裏話とか是非聞かせて下さい。
松本:とにかくね、100曲選ぶだけですごく大変だった。
ーー:聴くだけでも、大変ですよね。
松本:全部ぶっ通しで聴くと、7時間!7時間ぼくの詞だけ聴いてると、結構クルかも知れない(大笑)。濃いですよ、濃縮ジュースみたい。普通のボックスって、大抵違う人の作品が時々間に挟まったりして緩衝剤になるんだけど...。7時間は、自分でも濃いなって思った(笑)。
ーー:でも今までは(松本さんの作品だけを)7時間通して聴ける機会なんて、なかなか無かった訳ですから、そういう意味でもこの『風街図鑑』って貴重ですよね。
松本:不思議な体験すると思う。
ーー:聴くファンの方もその人なりの思いっていうのがあると思うんで、例えば松田聖子のヒット曲が好きで聴いて育った人と、はっぴいえんどが好きな人では、それなりに違った楽しみ方が出来るのでは、と思ったりするんですが。
松本:そうだね。
ーー:そういう意味では『風街図鑑』って本当に大作なんですが、最近の松本さんの活動...例えばKinKi Kidsや山下達郎さんへの提供作品なんかを通じて松本さんを知ったような若い世代のリスナーへの思いは、何かありますか?
松本:とくにないです(笑)。
ーー:ではこの『風街図鑑』を聴いて、今までの仕事を知ってもらえばいいかな、というような感じですかね?
松本:むしろ知って欲しいのは、(今までの活動の)流れですね。それ(=『風街図鑑』)は意外と綺麗に並んでるから、特に街サイドなんかは。これ作ってて一番面白かったのは、はっぴいえんどから歌謡曲に行った時に、ほとんどその2つって水と油じゃないですか。水の世界から油に入っていったみたいな感じがしたんだけど、このボックスで街サイドの曲順考えながら並べていったらね、全然違和感がない。詞もサウンドも。ほとんど同じ事をしてるんですね。多少表現がやさしくなっているだけで。それを感じ取って欲しい。実は通底しているという...。
ーー:そこで切れるものではないと。
松本:はっぴいえんどからKinKi Kidsまで、結構首尾一貫はしている。それは初めて、目に見えて耳で聴ける形で提示できた気がするんですよ。今まではバラバラにあったものを聴くしかなかったですからね。
ーー:僕なんかもそうなんですが、はっぴいえんどの流れはそれで独立して捉えていて、それ以外の部分は歌謡曲というフィールドをわざと自分の中で分けて構築して、捉えていたっていうところがあるんですが。
松本:かなりコアなファンでも、はっぴいえんどと歌謡曲は分けて考えてるから。その辺の垣根が壊れると、面白いかも。で、マスタリングしてて本当に(エンジニアの)田中さんがものすごくいい仕事してくれていて、昔の70年代のヒット曲でも本当にいい音で聴くことができる。そうすると、昨日実はマスタリングしてたんだけど、聴きながらね、何かどの曲でも今シングル・カット出来るんじゃないかって思うくらいで(笑)。問題になるのは歌詞の年齢だけで、全然違和感がない。どれでもシングル切れる。新人で新曲として出すとしても、おかしくないような感じの音がしてるんですよ。
ーー:そういう意味では、時代をある程度超えてしまうような曲のクオリティが当時から存在していたというか。
松本:うん、当時はあまり思っていなかったけど。意外な発見だよね。自分でも意外だった。アグネス・チャンの「ポケットいっぱいの秘密」なんて、すごい新鮮だった(笑)。自分で言うと自画自賛なんだけど、古さの微塵もないという(笑)。今ああいう新人がいたら、面白いのに。あのサウンドで、ね。
ーー:今現実的にJ-POPSってサイクルが早くなっていて、なかなかそういう新しい感覚で古い曲を聴けるっていうことが少ないような気がするんですが。
松本:あとクオリティはどんどん落ちてるからね。格好は良くなってるんだけど、中身が空洞化してるから、詞のパワーとか。サウンドは割といいと思うんだけど。詞とメロディがかなり落ちてると思う。だから売れてても、残るものが少ないでしょ。それといつも戦ってるんだけど。
ーー:むしろその辺のパワーが今でも松本さんの作品では続いてるからこそ、アルバムの中の曲でも聴けるというのは、ありますよね。
松本:やっぱり人様にお聴かせする前に、自分で見て恥ずかしいと思うものはやはり(出すのは)イヤなんです。お金にはなりそうだけど、これはイヤだなとか思うのがあるんですよ、時々ね。でもそういうのはやはり、外していくから。
ーー:では今回の『風街図鑑』に収録された曲は、本当に自信作の中の自信作という事ですかね?
松本:2、3曲サンプリングで入っている曲がある(笑)。でもそういう部分も重要なファクターだったりするんだけど。それはちゃんと楽曲解説を読めば、そこに書いてあるんで(笑)。
ーー:今回の曲目解説は、松本さんが全てお書きになったんですか?
松本:ぼくが喋って、川勝(正幸)君がまとめてくれて、それを手直ししたんだけど。
ーー:その解説も、貴重ですよね。
松本:解説も、すごい大変だった。インタビューに3日ぐらいかかって、とにかく量が多いから。曲順決めるのだって、大変だった。100曲の曲順決めるのって、どうやってやったと思います?
ーー:気が遠くなりますね(笑)。
松本:6枚のCDに散らばるんだけど、夜中に奥さんに英単語の暗記カードが欲しいって言って、買いに行ってもらったんだけど、文房具屋が夜中だから開いてなくてコンビニにも売ってなくて(笑)。今の若者はあんなもので勉強しない、とか言われて(笑)。それでとりあえず何とか買ってきて、曲のタイトルを1枚ずつ書いて床に並べたんだけど、床が一面埋まっちゃって(笑)。そういう苦心談はあるよ。それが一番大変だったかな。
ーー:普通、アルバム1枚の曲順決めるのだって、大変ですよね。
松本:100曲のランダムって多分、丸ビルぐらいの電算機使っても生きてる間には終わらないかも知れない。何通りあるか、すごい天文学的な数字になるかも知れない。
ーー:それから今回の『風街図鑑』の目玉とも言えるのが、はっぴいえんどの未発表曲「ちぎれ雲」のライヴが収録されてる事だと思うんですが。
松本:目玉じゃなくて、ご祝儀(笑)。
ーー:これを待ってる方も多分いっぱいいらっしゃると思うんで、その辺をお聞きしたいんですが。この音源はいつ頃のものなんですか?
松本:これはね、1972年(8月25日)名古屋勤労会館。解散の1年前ですね。
ーー:ということは、3枚目のアルバム(『HAPPY END』)の頃?
松本:いや、3枚目の頃はもう解散決まっていたから、その前。実は俳優の佐野史郎さんがうちに遊びに来たときに、(「ちぎれ雲」の)カセット持ってきて。
ーー:やっぱり!実は以前、佐野さんのお宅ですみやのホーム・ページのインタビューさせて頂いた時に、僕もそれ聴かせてもらったんですけど(笑)。去年の12月に。
松本:じゃあ、同じ音源。「ちぎれ雲」は当時作った記憶はあって、『風のくわるてっと』っていうぼくの1冊目の本に確か入ってると思うんだけど。演奏したっていう記憶が無かったんだよね。だからこの曲のテープを聴いたときは、自分でも嬉しかった。音源が残っていたし。で、聴けば思い出すんですね、イントロとか。ちゃんと練習してコンサートで演奏はしてるんだけど、何故か3枚目の時に多分(鈴木)茂が「もっといいのが出来た。」って言って差し替えたんだと思う。ライヴ録音はされてるんだから。
ーー:それで3枚目のアルバムには入らなかった、と。
松本:そうだね、いくつかアルバムに入らなかったのはあるよ。「風を集めて」の初期ヴァージョンとか、結構1つか2つは多めに作っていて、ボツにしてるんだよね。
ーー:そういう意味では本当に、貴重な音源ですよね。
松本:純粋な未発表曲だからね。ライヴ・ヴァージョンなのが、ちょっと残念だけど。
ーー:スタジオでこの「ちぎれ雲」を録ったことは、ないんですか?
松本:録ってないと思う。
ーー:作曲は、茂さんですよね。
松本:曲は茂で、歌ってるのも茂。
ーー:こういう音源って、まだあるんですかね?
松本:どうでしょうね。本当に30年前だから、やっぱり記憶もおぼろになってるんだよね。聴けば思い出すんだけど。
ーー:佐野さん、バッファロー・スプリングフィールドの曲を練習してるテープとか持ってましたけど。「Mr. Soul」の。
松本:どこから手に入れたんだろうね?「Mr. Soul」の練習テープ?
ーー:多分初期のだと思うんですが。もしかしたらヴァレンタイン・ブルーからはっぴいえんどになる頃かも。
松本:それに「めざめ」(未発表曲)は入ってないかな?「めざめ」っていう詞があって、それに細野(晴臣)さんがすごいいい曲をつけてて。でも小倉エージにボツにされて(笑)、そのままなくなっちゃって。でもこの間細野さんと対談やったときにその話になって、あの曲をもう1回やればって言ったら、「曲忘れたから出来ない。」とか言ってたから(笑)。だから、誰かテープ持ってないかなって思って。
ーー:バッファローのも、確か1番で終わってましたよ。
松本:バッファロー(を聴き始めたの)はホントに早かったよね、まだ全然輸入盤でも手に入らない頃に、探して探してやっと手に入れて。バッファローやモビー・グレープとか、サイケデリック時代のグレイトフル・デッドとか、そういうの聴いてて。
ーー:バッファローのコピーやるバンドなんて、当時はそんなにいなかったですよね。
松本:全然いない。誰に聴かせても知らないし。でも、それは細野晴臣のセンスなんですよ。見つけてくるんだ、あの人は。歌詞カード付いてなくて、新宿のパニック(編集部註:当時松本隆や細野晴臣が度々バンドで出演していた、新宿のディスコ名)にいる米兵あがりのヒッピーと仲良くなって、彼に歌詞を聞き取ってもらったり。ヒアリングで。
ーー:そうやって歌詞を起こしたんですか。
松本:そう。でも分からないって(笑)外人でも。何カ所か分からなくって。
ーー:最初にバッファローの曲でコピーした曲って、覚えてます?
松本:うん、最初は「Mr. Soul」と「Bluebird」。大滝(詠一)さんがメンバーに入ったのは、「Bluebird」の間奏の生ギターが弾けるようになって、聴かせてくれて。それでメンバーになった。
ーー:細野さんに「バッファローが分かった。」と電話をしたっていう、有名な話がありますが。

inserted by FC2 system