#14 関 美彦 PART 2 of SPECIAL INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW

関 美彦

12月6日に初のソロ・アルバム『Five Easy Pieces』をリリースする、シンガー・ソングライターの関 美彦。HOWのベーシストとしても活躍中の彼が放つ心温まる曲の数々は、美しいメロディが大きな魅力。サニーデイ・サービスの曽我部恵一のプロデュースで完成したこのアルバムについて、さらには彼が目指す音楽について色々とお聞きしました。

(初出『Groovin'』2000年11月25日号)

PART 2

関美彦-Aメイン.jpgー:これは全部一発録りですか?
関:「Christmas Song 2001」だけギターを先に録りましたね。それ以外は一発録りですね。
ー:歌とギターと同時に。
関:そうですね。そうしないとリズムが合わなくなるんで。
ー:ではドンカマ(編集部註:リズム・ボックスのこと)とかは、使わないですよね。
関:使いませんね。あり得ないです。
ー:その辺もありそうで無いアルバムっていう感じがしますね。今はとにかく打ち込みでベーシックなトラックをプリプロで作って、そこに歌やコーラスやギターを被せてっていうような作り方が多いじゃないですか。でもこのアルバムって、全くそれの対極を行くような作り方ですよね。
関:そうですね。でもその辺も曽我部君のプロデュース感覚っていうことだと思うんですが。話が前後しちゃうんですが、一昨年の夏に曽我部君の家に居候してて、その後去年イベントがあって…。
ー:青山VALのイベント?
関:そう。当時ミディにいた加藤さんが主催してくれたDJイベントが青山VALであって、その時に曽我部君がDJやって弾き語りやってくれたんですよ。
ー:それ、去年の9月9日。
関:その時に本格的にCDを作ろうっていう話になったんです。「CD作りましょうよ、関さん」って言ってくれて、で「曲を持ってきてよ」って言うんで、僕の家でラジカセで録ったのを曽我部君の家に2回ぐらい持っていったんですよ。そこでこういう雰囲気に(弾き語りに)しようよっていうことになって。
ー:VALでのイベントがきっかけで、このアルバムの話が進展したんですね。
関:そうですね。
ー:僕もそのVALの現場にいたんですが、あのイベントは素晴らしいイベントでしたね。面白かったですね。DJ陣が何人かいてレコード廻しながら、その合間に関さんが弾き語りライヴをやるという構成で。狭い会場に座り込んでみんなで見ていたんですが、あの場にいた方はラッキーでしたよね。
関:面白かったですね。DJで来ていた方もみんな弾き語りをしてくれて。ヒックスヴィルの木暮(晋也)さんとか、ノーナ・リーヴスの(西寺)郷太君とか、ARCHの中村(大)君とかの弾き語り大会になっちゃって。
ー:みんな持ち歌を歌い合って。シトロンの片岡さんもギター持って歌いましたよね。そして最後に曽我部君が「東京」を歌って。
関:「コーヒーと恋愛」やれとか言われつつ「東京」を歌って(大笑)。その時曽我部君に(ビーチ・ボーイズの)「Don't Warry Baby」をやってって言われて、それを歌い終わった途端に曽我部君はビーチ・ボーイズの曲をかけて、「あっ、仕切られた」って思ったんですけど(笑)。
ー:あのイベントってある意味ひとつ超えてるところがあって、しかもこのアルバムへ繋がる転機になったイベントでしたよね。
関:そうですね。
ー:で、みんなで関さんの曲を聴いていて思ったんですけど、みんな音楽の仕事をしていて普段は売れるものがどうだとか、数字がどうしたとかそういうことに接してるんですけど、でもあの時は全くそんなことはどうでもよくて、既成概念とか全て取り払ったところで楽しかったというか、そういうイベントだった気がしたんですよ。
関:割と自然発生的にそうなったんで。
ー:用意周到に準備して見せるとかいうものではなかったじゃないですか。ホントに自然発生的にみんなが歌って。本当にいいイベントでしたよ。
関:そうですね。
ー:ではこの辺で今回のレコーディングの裏話をお聞きしたいんですけど。
関:昼にカツ丼を取ろうとしたら、曽我部君に蕎麦がいいって言われたとか(笑)。お腹に溜まるからよくないとか言われて。あと夏のすごく暑い時だったので…。
ー:いつレコーディングしたんですか?
関:7月9日です。録ってるスタジオの倉庫に、細野晴臣さんのジューク・ボックスが置いてあったりしてビックリ。
ー:曲は全部、一発OKでした?
関:3〜4回ずつ、全部録りましたね。「元気にしてるかい?」を最初に録ったのかな?最後が「Christmas Song 2001」だったのかな?で6曲録って、僕はもう1曲やろうと思ってギター取り出してブースに向かおうとしたら、曽我部君と渡邊さんに「6曲でOK」って言われて(笑)そこでお終いに。
ー:ちなみに次は、何をやろうと思ったんですか?
関:「Blue」という曲を…。
ー:「Blue」ですか。それを聞いて悲しんでるファンが3人ぐらい、僕は思い浮かびますが(笑)。
関:あとマスタリングの時に、みんな名前(編集部註:スタッフ・クレジットが、今作ではみんな外人風の名前になっています)を決めようっていうことになって(笑)。それが面白かったですね。ランディ渡邊とか。
ー:関さんは何でジェフリー関なんですか?
関:何となくです。
ー:ジェフリー・フォスケット?
関:別に意味はないです(笑)。他の人のはみんな曽我部君が決めたんです。渡邊さんは最初ランディじゃなくてアーネストがいいって言ってたんですけど、曽我部君に「そんな格好つけてどうするんですか」とか言われて(笑)。
ー:どこからランディになったんですかね?岡田君はジェイコブですが。
関:ユダヤ人っぽいんで(笑)。
ー:曽我部君のバリーは?
関:ソウルっぽい感じがいいっていうんで。
ー:バリー・ホワイト?バリー・マンじゃないですね。
関:そうですね。
ー:黒沢君はスコットになってますが。
関:なんかイギリス人っぽいんで。
ー:スコット・ウォーカーですかね?
関:そんな感じですね。いいのかな。黒沢君まだ知らないんですけど(笑)。
ー:知らないんですか(笑)。あと今回、関さんは作詞・作曲のクレジットが関大作になっていますが、これは?
関:それは(仲村)有紀ちゃんがその方が縁起がいいって言ったんで。そういういい加減な。元々HOWの笠鳥(高生)君が「大作がいいんじゃない」って言い出して、そうしたら有紀ちゃんが「その方がいいんじゃない。縁起良さそうだし」っていう感じで。サラダの2人に決められてしまいました。
ー:サラダのおふたりに。
関:その後インターネットの占いとかで見てみたら、大作の方が良かったんで。で、全部大作にしようかとも思ったんですが。アーティスト・ネームをジェフリー関にするか、関美彦にするかを渡邊さんと話し合ったんですが。
ー:でも最後は本名で、と。
関:関美彦を使うのは、でももしかしたらこれが最後かも知れないですよ。気まぐれなんで、どうなんでしょうか。弾厚作みたいとか思ったんですが。
ー:僕は久米大作かと思ったんですが(笑)。ところで今回のアルバムはギター1本での弾き語りというスタイルですが、関さんはこの辺への拘りってあったんですか?
関:拘りというんじゃなくて、(Butter Fieldを菊地さんと)2人でやっていて仲悪くなって解散して、次のヴォーカルを探していたんですが、でも全然見つからなくて、しょうがないから自分で歌うようになったんです。最初に弾き語りしたのが、Bar青山っていうところで友達の誕生日に歌ってくれって言われて、マイクとか全然ないところで歌ったんですけど、この時に「あ、こういうのも出来るんだ」って思ったんですね。
ー:それは何年ぐらい前の話?
関:97、98年ぐらいじゃないですかね。
ー:それで1回演ってみて、これはいけるぞっていうことに…?
関:いや、すごい緊張感があって、クラブとかって別に誰もちゃんと聴いていないじゃないですか。こうドリンクとか飲んでたりして。でマイクなしに「♪Happy Birthday To You」とか歌ったんで、「やりたくない、帰る!」とか言ったんですけど、「いいから、いいから」って止められて。そうしたら1人の女の子がケーキ持って来てくれて「人が生の声で歌ってるのを聴いて、こんな感動したの初めてです!」って言って、スプーンでケーキを食べさせてくれたんです。これはいいことがあるな、とか思って(笑)。その時にちょっと味をしめたんです(笑)。
ー:でも1人で弾き語りするのって、最初すごい勇気がいりますよね。
関:いりますね。でもやっちゃえば別に何とかなりますけど。自分が始めないと、全て始まらないですからね。歌詞とか間違えられないし。
ー:バンドで演ってるのと違いますよね。
関:全然違いますね。
ー:5人編成のバンドだったら1/5の責任ですけど、1人だと全て自分に責任が降りかかってくるし。
関:でも1回演ってしまうと、味をしめますよ。最初は自分1人で本当に歌えるのかっていう疑問があって。でも周りにいた曽我部君や色々な人たちに、1人で歌ってもいいんだよっていうのを気付かされたっていう感じがしますね。
ー:バンドとはまた違ったところの面白さもありますよね。
関:バンドは割とアクシデントに近い感じがしますね。バンドでベースを弾くということ自体が僕の中には元々全然無かった感じだったので、バンドだとやはり自分だけの限定された責任っていう感じですよね。

inserted by FC2 system